新着情報新着情報

真淵を知ろう

真淵を知ろう【第9回】杉浦家和歌会

真淵を育てた杉浦家和歌会

真淵の国学の特色は、その歌文的性格にあると言われています。真淵自身の素質、好みによることは確かでしょうが、若き日の真淵をはぐくみ、育てた遠江の文化環境に、杉浦国頭や真崎たちが中心となった杉浦家の歌会がありました。真淵が出席した享保六年(真淵二十五歳)頃は月並歌会でした。

享保七年正月、国頭の邸に国頭夫妻を中心に二十三人が集まり和歌会を開いています。参加者の身分は多様で、五社神社の森暉昌(てるまさ)、蒲神明宮の蒲清兼ら神官仲間、教興寺の上人其阿(しょうにんごあ)ら、医師の服部保庵ら、町人の穂積通泰ら、女性の柳瀬理津らが入っています。
中でも歌論書『秋夜随筆』の柳瀬方塾(まさいえ)や漢学者渡辺蒙庵や叔父服部保庵が入っていて、真淵は方塾から和歌革新の心を、保庵・蒙庵から老荘思想・古文辞学の影響を大きく受けました。

「和歌会定」には 「その家のわざにおこたる事なく、その身のつとめわするゝ事あらずして」と明記されています。
和歌会は、杉浦家だけでなく享保七年八月には【政藤家】でも行われました。
吟行にも出かけ、享保九年二月には万斛村甘露寺の梅見の会、四月神立社(蒲神明宮)でも真淵は詠みました。
 

歌会での真淵

真淵は、この和歌会の三年間で一三一首詠んでいます。政藤の名で一〇一首、政成で二七首、他に成政で三首。また歌会には役割があるが、真淵も講師四回、読師二回、雑掌一回、雑餉二回つとめています。このようにして、真淵の歌才は、人々に認められ重んじられていました。

8-1.jpg

≫ 続きを読む

2021/12/01 真淵を知ろう   bestscore

真淵を知ろう【第7回】24歳最初の歌文

真淵の家に沿って北へ上る坂道は木立が生い茂り昼も暗い急坂となります。
雨の日、風の日もなまけることなく勉学に励んだ真淵は、享保五年、二十四歳で「賀茂御神にねぎ奉る」という雨ごいの歌文を作りました。
日照りをかなしみ神に雨を願う歌文で、水不足から農民を救いたいと願う真淵の気持ちをおよそ九百字で表しています。

 

「賀茂御神(みかみ)にねぎ奉る」賀茂政躬

「山城の賀茂の神の由緒を讃え、代々の聖のみかども仰ぎ奉り給うとし、岡辺の里に移る賀茂神社の四季の恵を精細に綴る。このところの日照りを憂い秋の露霜も待たずに枝さへ枯れんとし、あはれみ給へ、恵み給へ、雨給へ、雫給へ」 とし、三首の反歌からなる。

 

夏の田をおひそふ雨はつれなくて
        待に日数のふるぞあやなき

めぐみある露さへ置かば岡の辺の
        小山にてる日にしをるとも何

うきふしはなほ諸人もなよ竹や
        すなほなる代を神にまかせて

 

6-1.jpg

 

6-2.jpg

≫ 続きを読む

2021/11/12 真淵を知ろう   bestscore

真淵を知ろう【第6回】手習いの師 杉浦真崎

杉浦雅子(雅名真崎(まさき)

11歳になった真淵は、諏訪神社の神職杉浦国頭(くにあきら)の妻・雅子について手習いを始めました。雅子は、「国学の四大人」で、真淵の師である荷田春満(かだのあずままろ)の姪にあたります。
春満は、伏見稲荷神社の神職の子で幕府の下問に応じ、しばしば江戸に出、国学の創始者として名を挙げていました。春満の江戸神田での歌会に入門したのが、二十六歳の杉浦国頭で諏訪神社社殿の修理を幕府に願い出るために江戸に来ていました。春満は、神道家として立派な国頭を気に入り、妹の娘雅子を15歳のときに嫁がせたのです。

雅子は詠歌に秀で和学の素養もあり、挙措優雅な美しい人でした。真淵を導いたのは十八歳のとき、二十七歳で雅名を真崎としました。名字の杉浦を音だけ漢文風にとると浦ヲ過ギルと岬になるの意で“真崎”とし、婚家との一体感を示したとされています。言葉によって自分の生き方を示す仕方は真淵に大きな影響を与えました。

 

真崎の詠草と真淵の添削

5-2.jpg

 

杉浦国頭(くにあきら)

真淵は勉強が進むと真崎の夫国頭にも詠歌・古典を学ぶようになり、国頭が主宰する和歌会などに参加するようになりました。
浜松諏訪神社の神職のかたわら、浜松の郷土の歴史や名勝、風俗,史話、伝承などを、旧家を訪ね古老たちの口碑を丹念に取材して36歳のとき「曳馬拾遺(ひくましゅうい)」を著しています。
そして、さまざまな文献の研究から浜名湖周辺の文学地誌として「振袖考記(ふりそでこうき)」を出しています.。平安、鎌倉、室町、江戸各時代の地誌や紀行,歌集を集めていました。

5-1.jpg

≫ 続きを読む

2021/10/28 真淵を知ろう   bestscore

真淵を知ろう【第5回】11歳、手習いを始める

十一歳になった真淵は、諏訪神社の神職杉浦国頭(くにあきら)の妻・真崎(まさき)について手習いを始めました。

真淵の生まれた伊場村(もと岡部郷)は、三方原台地の最南端でした。真淵の家に沿って丘を上る坂は、草木が生い茂り昼なお暗かったでしょう。傾斜二十度の急坂を上りきると、南には紺碧の遠州灘の波濤、東には遠く富士山の麗姿があらわれ、青雲の志を育んだことでしょう。

そして、眼下は農事に励む人たち、農事への愛惜の情が培われたでしょう。
北は三方原のなだらかな起伏がうねうねと続き、すぐ近くに鴨江寺の森が見られました。

真淵は、この坂を通って、当時の浜松の賢人たちから多くを学びました。

4-1.jpg

諏訪神社境内図

中ほど右下に「大祝杉浦家」。右上の真淵の賛は、「国頭は濱松の諏訪社の大祝なり(中略) 信濃の月池星池に降る水は諏訪の海に入り、遠江の天の中川(天竜川)に落つ」 
延享三年 真淵五十歳

 

4-2.jpg

鴨江寺

大宝2年(702) 創建 江戸時代は、金山神社あたりから根上り松までと広壮

≫ 続きを読む

2021/10/05 真淵を知ろう   bestscore

真淵を知ろう【第4回】真淵の幼少時代

父母の教え
寺田泰政著「賀茂真淵 生涯と業績」より

父政信は賀茂神社神官で四十四歳のときに真淵が生まれました。先妻との間の長男は早死し、後妻つまり真淵の母との間の次男もなくなり、二人の娘があるとは言え、やっと生まれた男の子でした。父は農業などに多忙な中、和歌をたしなむ教養のある人で、歌会で以下の歌を詠んでいます。

 

流れ出ぬ里の小川も氷とく初春風を水上にして
夢さめて昔覚ゆる手枕にあやしく匂ふ風のたち花

 

母は信心深く、神仏を尊ぶ、人を大事にし、貧乏な者をあわれみ、乞食には物を与えたりする思いやりのある人だったと、人々が言い合っていたと真淵は追想し「後の岡部日記」に書いています。
真淵は、もの心がつくようになると両親から和歌を教わりました。母の前で和歌を詠むと母が古歌の良さを指摘する、すると父親まで顔を出しました。しかも「万葉」などが話題になったと、真淵は後年「歌意考」で書いています。

 

自然に学ぶ
寺田泰政著 「明解 賀茂真淵」より

幼い真淵は、神社の杜から様々を学びました。樹々が季節によって移ろうことは日本文化の特色で、春、桜の花にまつわるメジロなど小鳥の姿も幼い心に深く焼き付いたことでしょう。真淵は、晩年

 

"世の人の花鳥にしも習ひせば昔に返る時もあらまし"
(世の中の人があの花や鳥を見習ったなら心素直な古代に返ることもあろうに)

 

と詠みました。幼児体験が甦ったものでしょう。

 

六十九歳の「国意考」では、

 

〝世の中の生くるものを、人のみ貴しとおもふはおろかなること也。天地の父母の目よりは人も獣も鳥も虫も同じこと成るべし〟

 

と、人も獣も鳥も虫も同じだと言い切っています。虫をハエやカのように追っ払ったり叩き殺す者の思想ではないでしょう。
真淵理解に欠かせない視点のひとつであり、現代に通用するものでありましょう。
 

≫ 続きを読む

2021/09/23 真淵を知ろう   bestscore

真淵を知ろう【第3回】母方・天王の竹山家

竹山家と徳川家康
真淵の母の実家は、長上郡天王村の竹山孫左衛門茂家でした。
同家の初代は室町時代末期に始まる高森太郎左衛門重治とされ、現在は十六代を数える名流で、江戸時代には、伊場の岡部家と同様に独礼庄屋として地域のリーダーを勤めました。

天王村の屋敷は、年中鳥が集まるような大きな竹藪に囲まれ、徳川家康も鷹狩でこの邸に寄り、【竹山、竹山】と呼んだことから、高森姓を竹山姓に改めたとされています。

家康は、前庭の梅の木に鷹狩の鷹を止まらせ、この老梅は鷹宿梅(おうしゅくばい)として大切に育てられました。


鷹宿梅と真淵
竹山家には、「梅系図」と箱書きのある古い掛軸が伝来していて、白い花をつけた梅の古木の絵と、真淵の歌が書かれています。

 

3-1.jpg

 

「かけまくもかしこき、下つ毛野の国ふたら山に鎮りませる大神の、むかし遠津淡海の国曳馬の城を敷ます時、御狩の折々、竹山が家の梅こそおもしろけれとて御馬寄させ給ひ、薫り栄ゆる枝に御鷹をすえ置かせまうして、御きゝこしをし、めでまししなり。
今ぞ百まりに多くの年を経ぬれど、その梅のしづ枝さし次て春の常盤ににほひ、此家も太くひろく栄へ伝れる事おのれしも母としのよすがもて、 辱 御故よしを 伝へうけたまはり、よろこほひて古き調をうたふ」

 

大君の みそてふれけん 梅かえの
今もかをるか あはれそのはな

 (大君の御袖触れけん梅が枝の今も薫るかあわれ其の花)

≫ 続きを読む

2021/09/14 真淵を知ろう   bestscore

真淵を知ろう【第2回】父方・伊場の岡部家

真淵の父は賀茂神社の神官でした。

賀茂神社
賀茂神社は、文永11年(1274)=蒙古襲来の年に創建されました。
京都上賀茂神社の神職・賀茂師重の長女筑前局が、宮中に長年奉仕した功により、敷智郡岡部郷に500石の封土を賜わり、その地に、京都上賀茂神社の分霊を勧請して創建、局の後裔が山城(京都)から来住し、郷名を姓とし「岡部」を名乗るようになりました。

 

賀茂神社御祭神 鴨建角身命(かもたけつのみのみこと)
古事記によると神武天皇ご東征の折、八咫烏(ヤタガラス)となって天皇を導いた、といわれています。
真淵にとって賀茂信仰を信ずることは、古い家系を持っている先祖が、肇国の大業に参画しているのだと、自分を励まし、生き方の根源を支えていたのでしょう。(なお、八咫烏は、サッカーでおなじみ。)

2-1.jpg

 

岡部家の系譜
岡部家は、古くから庄屋職であり、神官であって常に村の指導的な立場で、浜松藩の独礼庄屋(藩主に、年頭などに単独にお目見えできる格式)とした名流でした。現在の岡部和弘(賀茂神社及び井伊谷宮宮司)は64代。先代厳夫と共に、戦後の井伊谷宮を今日の姿に成しました。
真淵は、家系を大事にした遠い祖先である勅選歌人賀茂成助(1034~82)にふれ、誇りとしていました。

2-2.jpg

 

「岡部家中興の祖」岡部政定
三方原の戦いの犀ケ崖布橋の軍功で陣刀と具足を拝領、北遠の犬居城攻めの功によって、戦乱で200石に落ちていた領地を500石に戻し加増もあったとされ、真淵は長歌で称えています。

 

岡部家61代の岡部譲(ゆずる)は伊勢神宮少宮司・熱田神宮宮司等を歴任した文化人・歌人で、岡部家の蔵書等12,000冊余を縣居文庫に寄贈しましたが戦災で焼失してしまいました。
 

≫ 続きを読む

2021/08/05 真淵を知ろう   bestscore

真淵を知ろう【第1回】真淵の生誕

賀茂真淵は、元禄10年(1697)3月4日、遠江国敷智郡(ふちぐん)浜松庄伊場村(元岡部郷)今の浜松市中区東伊場で生まれました。

真淵の父は、岡部政信と言い、代々賀茂神社の神官を勤める家柄の人で、母は遠江国長上(ながかみ)郡天王村の名流竹山家の人でした。
真淵の生家は、父の隠居所でした。当時の間取りや植え込みの画像が残っています。
1-1.jpg

 

真淵の幼名は三四と言い、ソウシと読みました。真淵の父はユーモアのある人とも、反面、面倒くさがり屋だったのでしょうか?

あるいは、わが子に人一倍の愛情を持ちながらも、生活が厳しくゆとりが乏しかったのでしょうか。

中年に生まれ、ただひとり残った男の子である真淵を、何度か他家に養子として出さなければならなかったようで、岡部家の家計の程が思われます。

現在浜松市中区東伊場の生誕地には、「賀茂真淵翁顕彰碑」が建立され、「井戸跡」が残っています。
1-2.jpg
 

≫ 続きを読む

2021/08/05 真淵を知ろう   bestscore